転職を考えるプラスとマイナスの理由

最近では当たり前のように転職をする人がいますね。それも転職をする回数が一回や二回ではない人もいるようです。
一昔前のように、最初に入った会社で定年まで働き続けるということはほとんどないように思います。今の時代は大手の企業でもいつ何があるかわかりません。
何度も何度も転職ばかりしているのは良くないですが、入社してしまえば安心ともいかないようですね。

では転職をしようと考える理由を考えてみました。転職を考える理由にはプラスの考えとマイナスの考えがあると思います。

まずプラスの考え。今よりもっと自分の能力を活かせるところで働きたい。いい条件での仕事に誘われた。やりたいことを見つけた。

次にマイナスの考え。時間の割に給料が少ない。人間関係が合わない。ただイヤになった。

他にもいろいろあるでしょうが簡単にあげてみました。どちらの考えで転職を考える人が多いでしょうか。やはりマイナスの考えで転職を考える人が多いのではないかと思っています。

ただマイナスの考えだけで転職を繰り返す人は、自分の働くことに対する姿勢を考え変えなければいつまで経っても同じだと思います。

どうせ転職を考えるのであればプラスの考え、自分を成長させるような働くことがもっと楽しくなるような転職を考えたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>